常滑焼

  • 中文
  • トップページ
  • 常滑焼について
  • とこなめ焼組合の概要
  • 買い物かごを見る

常滑焼

常滑焼の歴史

常滑焼の歴史

日本六古窯の一つ

「常滑焼」は、愛知県常滑市を中心に古くから作られている焼き物です。
平安時代後期(1100年頃)には、常滑を中心に知多半島の丘陵地には3000基にも上る穴窯が築かれ壺や山茶碗、山皿などが焼かれ、この頃に作られたものは『古常滑』と呼ばれています。
当時の主な窯場は、常滑・瀬戸・信楽・越前・丹波・備前で、“日本六古窯”と呼ばれており、常滑はその中でも最も大きい産地でした。
中世の常滑窯は、特に大型の壺や甕を得意としており東北・関東・中部・関西・中国・九州地方まで日本全国に運ばれ使われていました。
江戸時代に入ると、真焼けの陶芸品が加わり、江戸末期には土管や朱泥茶器などが作られるようになり、明治時代には西欧の技術が導入され機械化が始まり陶管、焼酎瓶、煉瓦タイル、衛生陶器などの生産がはじまり近代産業の仲間入りをしました。 その後、技術の飛躍的進歩を遂げ近代設備による大量生産がはじまり製品の種類や質、生産額も大きく伸び現在の産地となりました。

常滑焼の年表

5世紀頃   朝鮮半島より須恵器の生産技術伝わる(須恵器/自然釉)
8~11世紀   紐造りによる壺など造られる(灰釉陶器)
12世紀後半 1100年頃 穴窯による『古常滑』造られる(三筋壺/自然釉)
鎌倉・室町時代   大型の壺や甕が多く造られる(穴窯から半地上式の大窯へ)
    (真焼け・赤もの・素焼きによる日用雑器)
江戸時代   真焼けによる陶芸品
  1750年頃 尾張藩主の命により茶器・花生け・酒器を造る
江戸末期   土管・甕・朱泥茶器/酒器/火鉢造られる(連房式登り窯)
  1835年頃 鯉江方救 登り窯完成
  1874年 真焼け土管造られる
  1858年頃 朱泥焼始まる
明治時代   西欧の技術を導入し機械化が進む(平地窯、倒炎式角窯)
    (食塩釉、土管・焼酎瓶・煉瓦タイル・衛生陶器など)
  1885年 焼酎瓶造られる
  1902年 湿式法によるタイル造られる
大正時代 1922年 帝国ホテルのテラコッタ造られる
昭和時代 1943年 排水用土管増産
  1962年 電気炉による朱泥焼成始まる
  1970年 大阪万博へフラワーポット、ベンチを出品
平成時代 1997年 茶香炉造られる
  現在  

日本六古窯の一つ 日本六古窯の一つ 日本六古窯の一つ

このページのトップへ戻る

とこなめ焼協同組合

とこなめ焼協同組合 愛知県常滑市栄町3丁目8番地 TEL:0569-35-4309 FAX:0569-34-8893

【このHPは、平成22年度中小企業活路開拓調査・実現化事業(組合等Web構築支援事業)の助成により制作しました。】